Dog

まめ脱走事件! 生きた心地がしなかったよ・・・

2018年6月18日 朝の地震
ドンッという音と、けたたましいアラームで飛び起きた。

何事か!?と思い、慌てて寝室からリビングへ走ると、まめさんが落ち着かない様子でリビングを走りまわっていた。

地震か!!

まめさんはうちの人と朝の散歩を終え、最近のお気に入りの場所、窓辺のテーブルの下で休んでいた時に地震がきたようで、座布団の上にちびったおしっこが。かわいい。

はっ! かわいいとか思ってる場合じゃなかった!

まめさんを抱きかかえて揺れがおさまるのを待って、テレビをつけると震度6という文字が目に入る。
釧路沖地震の時の記憶が蘇り、体が小刻みに震えた。

あの時は一度大きく揺れた後に地響きと共にもう一度大きな揺れが来た。
また揺れるかも。

とりあえず水だ。
やかんと鍋に水を入れる。

時計を見たら9時過ぎ。
会社 どうしようかな・・・ とりあえず行くか。

でも、まめさんが落ち着かない。
怯えて私の後をずっとついて回る。 かわいい。

この状態で留守番は無理だな・・・
また地震がきても危ないし、連れて行くことにした。

まめさんを車に乗せて会社へ向かう。
みんな無事に会社に到着していて一安心。

私は普段チャリ通なので、自分専用の駐車場がないため、路駐。
急いで自宅勤務の用意をして帰宅した。

うちの人はすでに会社に向かっていて、電車をおりて歩いている時に地震にあったため、無事。
よかった!
電車が復旧したら帰ってくるとのこと。

夜から朝にかけて何度か地震。
怖い・・・

明日もまめさんは会社に連れて行かなくちゃ。


クレートにまめさんを入れて駅へ向かう。
今日は終日会社で仕事をするので車では行けない。

まめさんははじめての電車とバス。
思っていたより暴れない。
電車でもバスでも静か。 えらい!

ただ、歩いている時はクレートの扉をガリガリ引っ掻いて出たがる。
爪大丈夫かしら。

バスを降り、もうすぐ会社というところで事件は起こった。

出たがって扉をガリガリし続けている。
大丈夫かと右手に持ったクレートを見ると扉が開いた。

え!?

と思ったのもつかの間、まめさんが外に飛び出た。

え!? 何が起こったの?

飛び出て一瞬止まったので捕まえようとしゃがむも時遅く、向きを変えて今来たほうに走り出してしまった。

待って、そっちはバス通り。
車も多く、そのまま行ったら絶対に轢かれてしまう!!!!

こちらに向かって歩いて来た人に「捕まえてーーー」と叫びながら走る。
まめさんは振り返りもせずにおじさんを華麗にクリア

みるみるバス通りに近づいて行く。

進行方向に車が一台信号待ち。
左折して来たタクシーと白い軽自動車が2台、こちらに向かって走って来ている。

タクシーに手を振ってとまってもらう。

やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい

まめさん、タクシーの手前で急に向きを変えて右側の駐車場へ入った!
よかった! あそこに入ったら出口は一つ。
確か、バス通りに沿って柵があるので、道路には出られないはず!

クレートを持って駆け寄るとまめさんは柵の前でバス通りを走る車を見ていた。
柵の下は狭く、まめさんの大きさでは通り抜けられない。
よかった。予想通り出口は一つだ。

でもまだ安心はできない。

出口は一つとはいえ車が出られるほどの幅。
こっちはおじさんと私の2人。

まめさんと目があう。

落ち着いているみたいだ。
こっちも落ち着こう。

クレートを下ろしてまめさんの方へ入り口を向ける。

こっちに来た。

入って!お願い!

そこで突如、おじさんが捕まえようと前に出る。

まめさんは後ずさり。

ちょっ!! おじさん!!  思わず言ってしまった。
おじさんは普通の行動にでただけなのに、失礼極まりない。
すみませんと謝りたいがそれどころではない。

ここで逃したらまた逃げられる。
瀬戸際過ぎて頭がまわらない。

おじさん「入るんですか?」

私「たぶん入ります。」
いつもは大人しくクレートに入ってくれるが、今回はこんな状況。
確証はなかった。

まめさんが近づいて来た。
一度中をみて離れる。

まめ 小さく呼んでみる。

また近づいて来て中を見た。
体が半分入ったところでお尻を押して中へ入れる。

クレートの扉をしめる。

よかったーーーーーーーーーーーー!

おじさんにお礼を言い、クレートの扉を確かめ、扉を押さえながら会社へ向かう。

私の不注意でまめが死ぬかもしれない。
まめを追いかけている間、駐車場でまめを見ている時、ずっと思っていたこと。

さっきまでいつもと変わらない朝だったのに。
大切な何かを失うのは本当に呆気なく、そして急にやってくる。

家に帰ってきて、犬の事故を調べた。
交通事故で多いのが首輪やハーネスの抜けとリードを離してしまったことによる脱走。
頭ではわかっていたけど、気をつければいいやぐらいに思っていた。

でも、今日実際に脱走を経験して、あんな思いは二度としたくないし、うちの人にも経験させたくない。

まめさんに似合う色は何色かなーと首輪とダブルリード(首輪とハーネスを同時につなげるリード)を注文した。
まめさんの事を思って何かできることを、あの場にいた全員と神様に感謝。

  • この記事を書いた人

きゃべつん

旅行&食べ物大好き! 豆柴まめとボステリおにぎりと夫婦2人のなんやかんやブログ

-Dog

© 2022 とりどりちぇるか Powered by AFFINGER5